検索
  • 氣功整体にじ

子どもの目線で考える

穏やかな4連休を終え、久しぶりの学校にまた泣いちゃってスムーズに登校できない我が家のおちびさん、

小学一年生





泣いちゃうのは仕方ないとして、

毎朝学校まで送って行かないと学校へ行けない、のはどうなんだろう


「一番楽しかったことママに教えてね」


「離れていてもちゃんとおちびさんのことを考えているよ」


「ちゃんとおうちで帰って来るのを待っているよ」

たくさん声かけして、楽しく行かれる工夫を考えて朝に挑んでも

どうしてもバイバイのときには寂しくなっちゃうおちびさん。

今週頑張ればまた夏休みなのにな

と、私は思ったのだけど

ふっと、

そういう先を読む、カレンダーで生きる、時間のリミットで生きる

という感覚がない子どもにとって


もうすぐ夏休みだから頑張ろう!という感覚はそもそもないのではないか、と。

時間軸が大人とは違うのだから…

もうすぐ夏休みなんだから頑張って今週行きなよーっていうのは、 私のいままで生きてきたなかで植え付けられた価値観であり そこを子どもに言っても仕方ないなぁ、と

ふっと、氣がついたのです。

昔からの癖


刷り込み


こうあるべきという制限


その窮屈な四角のなかでしか生きて来なかった私とは違い、自分の感覚と世界をこれから作り上げていくおちひさん


私のこの価値観を押し付けちゃダメだなぁ、と

今日改めてまた学びました。

昭和の高度成長期、バブルのときに育てられた私と


令和で大人へと育っていく子どもたちの感覚が同じな分けない!笑


だから、こちらがその感覚を変えていくしかないんですよね

たってこれから生きる子どもたちは高度成長期の みんな一緒に前ならへの中に生きていくわけではないのだから

子育てって本当に奥が深い


三人育てていても三人三様


みんな、違う

みんな、違って みんないい

本当にそうなんだ、ってまずは私が腑に落ちるところから

だって子どもたちがそれぞれ自分にしかできないライフワークを

自分にしか生きられない人生を悠々と生きていって欲しいから


まずは私が変わらないとね、柔軟に✨

4回の閲覧
ダウンロード.png
ダウンロード (1).png
20190922_200839_edited.jpg
67502077_2346586588753857_46040180887597

​© 2018 niji-kikoseitai created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now